救護施設 札幌明啓院

長い歴史と様々な経験が蓄積された施設

救護施設札幌明啓院は、大正8年に創設された「札幌無料宿泊所」を前身とし、現在は昭和25年に制定された生活保護法のもと救護施設として施設運営を行っております。私達は、生活保護制度は、社会福祉サービスの原点であると考えております。 日本国憲法には、「 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する 」 とうたわれております。 その法の理念を実現するため、経済的な問題や心身の障害により日常生活を営むことが困難な様々な人たちに福祉サービスを提供してきた長い歴史を持った施設です。

また、近年は、多様ニーズに応える事が出来るよう、経験豊富な職員を採用し配置しています。

 



施設をご利用されている方

救護施設は生活保護法を根拠法とする施設として、障がいの種類等に関わらず、必要な人に必要なサービスを提供することができる、総合的な福祉施設としての機能を持つ施設( 障がいの有無も関係ありません )です。現在、救護施設を実際に利用している方々は、知的・精神障がいのある方、アルコール依存症であった方、ホームレスの状態であった方など身体的介助は必要としてないものの様々な支援を必要としている方等、様々な事情により多く方が生活されております。


施設紹介

徒歩1分圏内に大きなショッピングセンターがある等非常に便利な立地にあります。( 鉄筋コンクリート4階建 但し、4階は機械室 )居住部分は1階~3階までで定員は150名の施設です。特養と合築をしている施設で右半分が救護施設、左半分が特別養護老人ホームとなっております。